行事・催し
2月3日 『節分会』於 本堂
掲載日 2018年1月27日

 

「節分」とは季節の分かれ目の意味で、
元々は「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日を指します。
節分が特に立春の前日にのみ言われるようになったのは、冬から春になる時期を一年の境とし、現在の大晦日と同じように考えられたからです。

常圓寺でも毎年、法要を営み、諸堂に豆をまきます。
ただし、掛け声は、お寺のお堂には邪気がありませんので、
『鬼は外』とは言わず、『福は内』のみ発声するのです。

最近の記事